最新のSHR脱毛とは?痛みが無く日焼け肌、白髪、産毛にも対応

SHR脱毛

脱毛サロンに導入されている脱毛機器や脱毛方法は様々ですが、最近注目されている脱毛方法にSHR脱毛があります。

IPL脱毛やSSC脱毛など従来までの光脱毛は、毛を生み出す元になる毛根の毛乳頭や毛母細胞に熱エネルギーによるダメージを与えるものでした。

毛根を破壊することで、毛を生えにくくしていたのです。それに対してSHR脱毛は、毛根ではなくバルジ領域と呼ばれる部位にアプローチする脱毛方法になります。

バルジ領域

バルジ領域は毛乳頭や毛母細胞よりも皮膚の浅い部分に存在しており、毛の生成に重要な役割を果たす細胞を生み出す働きをしています。

バルジ領域から生まれる発毛因子が毛母細胞に変わり、毛乳頭からの栄養を受け取ることで毛を生成する仕組みになっています。

つまり、バルジ領域は発毛の司令塔のような役割を果たしているのです。SHR脱毛は、このバルジ領域を破壊する脱毛方法になります。

バルジ領域を破壊することで毛母細胞が作られなくなるので、発毛をストップさせることができます。

 

SHR脱毛の最大のメリットは痛みが無いこと

痛みがない

SHR脱毛を行う最大のメリットは、施術時に感じる痛みにあります。

従来までのIPL脱毛やSSC脱毛の場合には、毛乳頭や毛母細胞を破壊するため皮膚の奥にまで熱エネルギーを届ける必要がありました。

強い光を照射しなければ皮膚の奥まで届けることができないため、脱毛する際に痛みを感じることが多くありました。

医療クリニックで用いられているレーザー脱毛は、光脱毛よりもさらにパワーが強いので施術時に感じる痛みの程度は強いと言われています。

SHR脱毛の場合には、バルジ領域がある皮膚の浅い部分にエネルギーを照射すればいいので少ないエネルギーを照射するだけで十分です。

SHR脱毛は、施術時に痛みを感じることがほとんどありません。勿論、痛みの感じ方には個人差もありますが、他の脱毛方法と比較すると格段に痛みの程度が少ないとされています。

実際にSHR脱毛の施術を受けた人の感想では、温かさを感じる程度で済んだという人が多いようです。

そのためSHR脱毛は、脱毛はしたいけれど痛みが不安だという人や痛みが苦手という人にもおすすめです。

日焼け肌、ホクロ、産毛、金髪でも脱毛が可能

日焼け肌

SHR脱毛には、日焼けした肌の人でも施術を受けられるというメリットもあります。

IPL脱毛やSSC脱毛の場合には、毛根のメラニン色素が持つ黒い色に反応する光を利用してダメージを与えていました。

日焼けした肌だと、照射した光が黒い色に反応して火傷してしまう危険があります。ですから日焼けした肌に施術を行うことはできませんでした。

ほくろやアザ、ソバカスなどがある場合にも反応してしまうので、施術を行う際にはその部分を避けなければいけませんでした。

元々、肌の色が黒い人も施術を受けることは難しかったのです。それがSHR脱毛だとバルジ領域がある毛包全体にアプローチするので、肌の色に関係なく施術を行うことができます。

ほくろやアザがあっても大丈夫ですし、日焼けした肌や地黒の肌でも大丈夫です。

また、従来までの光脱毛は黒い色に反応するため、産毛白髪、金髪など色素の薄い毛には反応しにくいというデメリットがありました。

SHR脱毛は産毛や白髪にも反応するので、産毛が多い顔などの部位にも最適です。顔の産毛をケアすると化粧のノリも良くなりますし、顔がワントーン明るく見えます。

それから従来までの光脱毛は、毛周期に合わせて施術を行う必要がありました。

毛には成長期・休止期・退行期といったサイクルがあり、適切な時期に施術を行わないと十分な脱毛効果が得られないからです。

SHR脱毛は毛周期に関係なく施術を行うことができます。頻度良くサロンに通えば、早く脱毛を完了させることも可能です。
結婚式を控えているなど、この日までに脱毛を完了させたいという人にもぴったりです。

 

SHR脱毛ができる脱毛サロンはこちら⇒ ストラッシュ千葉(柏店・船橋南口店)の料金・効果や口コミ評価。店舗情報まで

サブコンテンツ

このページの先頭へ