ミュゼからシースリー(C3)に乗り換えた脱毛体験談

ミュゼからシースリー乗り換え

私が経験した2つの脱毛サロン、ミュゼとシースリーについての脱毛体験をご紹介したいと思います。

学生時代に申し込んだミュゼ、それから時が経って社会人となりシースリーを選びました。なぜミュゼを止めたのか、シースリーを選んだ理由などを詳しく解説します。

 

学生時代のミュゼ脱毛。

学生時代にミュゼプラチナム(以下、ミュゼ)の両脇0円コースに通っていました。そのときにミュゼを選んだ理由は「ただ安いから」でした。

周囲の友人も通っていたし、都会に住んでいたわけではないので、そもそも美容脱毛が受けられるサロンが限られていました。

初めての美容脱毛ということで、カウンセリングのときに「高い契約を無理やりさせられるのではないか。」そんな不安を抱えながら、当日を迎えました。

しかし、そんな心配は無用で、綺麗な女性スタッフの方が丁寧に施術方法を説明してくださり、希望していた0円コースのみを契約することができ、安心して通い始めることができました。

そして初回のカウンセリングの際、「施術日の予約は今、しますか?」と聞かれましたが、予定が詰まっていた私は「後日また予約します!」と返答しました。自宅に帰り、明日以降の予定を確認し、いざ予約をしようと会員サイトへ向かいました。

そこで初めてミュゼは予約が取りにくいことを思い知りました。結局初めての施術を予約できたのは、2ヵ月後だったと記憶しています。

予約が取りにくい中でも、何とか時間を見つけて通いつづけ、「効果が何度通ったら出るか把握できたら、高いけど全身脱毛も検討してみようかな?」そんな風に考えていました。

しかし、その期待もむなしく6回施術を受けてもほとんど変化はありませんでした。私はもともと毛が濃い為、一般の方より効き目が少なかったのかも知れませんが、「これでは全身脱毛にしたら、いくらかかってしまうのだろう。」と考え、通うことを止めてしまいました。

 

社会人になってシースリーを選んだ理由

それから1年後、社会人となりお金に余裕が出てきたとき、再度美容脱毛を検討し始めました。
その際、重要視したサロン選びが「住む場所が変わっても通える」「出来る限り施術回数が多いプラン」ことでした。

調べてみて気付いたことは「美容脱毛サロンの多さ」と「プランの多様性」でした。正直、どのサロンが良いか比較が難しく、決めるまでには時間がかかりました。そんな中で、私が見つけたのがC3(シースリー)でした。

シースリーに通い始めた決め手は、先ほど挙げた3点をクリアしていたからでした。

決め手1:住む場所が変わっても通える

将来、転職をするかもしれない、結婚するかもしれない、そんな中で全国どこでも通い続けられるサロンであることが望ましいと考えていました。

シースリーは全国展開していないものの、主要都市や私の住んでいる地域にも店舗があるため、長く通い続けられると思いました。

ちなみに私は千葉市に住んでいるので、こちら「シースリー千葉(千葉店・柏店)の口コミ評価や店舗情報」からシースリーを選びました。

決め手2:出来る限り施術回数が多いプラン

私は毛が濃いことがコンプレックスでした。その為、一般の方より施術回数が多くなければ、毛が少なくならないと感じていました。また、美容脱毛は年の経過や出産等で、また生えてくることもある為、長期通えるプランを探していました。

多くのサロンが「上限あり」のプランを設定している中、シースリーは生涯通い放題プランが存在していました。
金額も月15,500円の24回払いとお財布にも優しく、それでいて一生通い続けられる。もうここしかないだとうという気持ちでした。

初回のカウンセリングでは、他社さんとの光照射する機械の違いを教えてくださり、これまでの脱毛での悩みも聞いてくださり有意義な時間となりました。

私の通っている店舗は、ニューオープンだったこともあり、比較的予約も取りやすく、スムーズに通うことができました。

施術ブースはホテルのようなラグジュアリー感と気持ちの良い音楽が流れており、日頃の疲れも癒すことができます。
そして何より施術効果の違いに驚きました。通い始めて1回目で目に見えて毛が少なくなることを実感できました。

最初は「高いけど大丈夫かな。」と心配していましたが、この料金でこの効果がでるのであれば大満足です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ