IPL脱毛、SCC脱毛、SHR脱毛、3種類の光(フラッシュ)脱毛機器の特徴

脱毛機

脱毛サロンで使われている脱毛機器には、大きく分けるとIPL脱毛SCC脱毛SHR脱毛という3つのタイプがあります。

それぞれに共通しているのが、医療レーザー脱毛よりも効果こそ衰えてしまうものの、痛みを感じにくいというところです。
完了までに回数がかかってしまっても、最後まで快適に施術を受けたいかたに向いています。

契約をする前にそれぞれの脱毛の違いについて把握しておき、自身の求めている効果を得られる適切な機器を選べるようにしておくのがおすすめです。

 

IPL脱毛は太い毛にも作用しやすく効果も実感しやすい

まず、元々フェイシャルエステに利用されていたものが元になっているのがIPL脱毛です。

現在、日本で主流となっている光脱毛方法の中では最も痛みを感じやすい施術方法ですが、その代わりに太い毛にも作用しやすく得られる脱毛効果が高いとされています。

痛いといっても拡散しやすい性質の光を利用していることから肌へのダメージ量は少なく、照射の瞬間に弾かれたような刺激を感じる程度ですし、出力調整が適切であれば敏感なIOラインにも問題なく利用可能です。

むしろ、しつこく残りやすい太いムダ毛を処理するのに向いている機器で、ムダ毛が濃く生えているかた、ワキやVIOラインを部位脱毛したい場合などには、IPL脱毛を採用している脱毛サロンを優先的に選ぶことをおすすめします。

施術を開始してからムダ毛が薄くなってきていることを実感しやすい脱毛方法です。

 

SCC脱毛は痛みが少なく効果的

IPL脱毛同様に、古くから脱毛サロンで使われてきているのがSCC脱毛になります。
こちらもIPL脱毛のようにメラニン色素に反応をし、照射した光が毛根の組織に熱を伝えることで再生能力を奪うことができます。

IPL脱毛と大きく異なる点が、抑毛成分を含んだビーンズが混じったジェルを塗布した上で光を照射していくという点です。光を当てることでこのビーンズが弾け、脱毛と同時にムダ毛の成長を抑える働きかけを行えます。

ジェルがひんやりとしていることやベタつきやすいのが難点ですが、照射による刺激を和らげる効果と保湿性が高いというメリットがあり、施術後は肌が滑らかになると感じるかたが少なくありません。

刺激に敏感で可能な限り痛くない脱毛を試みたい方に向いています。

 

SHR脱毛は最新の脱毛法!最も痛みを感じない

そして、IPL脱毛やSCC脱毛とは違うアプローチでムダ毛の生える仕組みに働きかけるのが、SHR脱毛という新しい試みになります。

こちらは毛根ではなく、その上のより表皮に近いバルジ領域という発毛指令を出す因子に作用する脱毛方法です。

ダメージを伝えるのに強い熱を必要としないことからこの3つの中では最も痛みを感じにくく、さらに従来の脱毛方法ではなかなか効果を得にくかった色素の薄いムダ毛、産毛に対して高い効果を出せるのが特徴になります。

また、最短で2週間に1回というコンスタントな施術が可能で、完了までの期間を短縮できるのがメリットです。

ただし、誕生から間もない施術方法であることから採用している脱毛サロンも数が少なく、完了後20年、30年経ってからのムダ毛の再生率に関するデータがありません。その点を理解した上で施術を受けることが必要になります。

さらに詳しい解説はこちら⇒ 最新のSHR脱毛とは?痛みが無く日焼け肌、白髪、産毛にも対応

 

脱毛機器の種類は、脱毛サロンに通う前に知っておこう

脱毛サロンを選ぶ際、まず注目するのが脱毛料金です。何度も繰り返し通うことを考えて、利便性も重視します。
使われている脱毛機器に関しては、カウンセリングで説明を受けてから初めて把握するというかたも少なくありません。

ですが、こういった種類やそれぞれの特徴がわかっていれば、どの方法なら痛みを感じにくいか、希望する部位に対して高い効果を得られるかを比較しながら、自分に合っている方法を選択できるようになります。
より賢く脱毛を受けるため、事前に知識を身にいつけておいたほうがお得です。

最新の脱毛器で全身脱毛できるお店はこちら⇒ 全身脱毛千葉なび | 千葉でおすすめ脱毛サロンのランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ